体への悪影響

「睡眠不足は体にとって悪影響」ということは漠然としたイメージとして多くの人が理解していますが、その内容は思っている以上に深刻な場合もあります。体内のホルモンバランスが慢性的に乱れることによって、ガンや糖尿病のリスクが増してしまったり死亡率が高まるという報告もあるためです。その他にも女性には大敵である「お肌の老化が早まる」といったルックスにダイレクトに関わってくる悪影響もあります。しかし睡眠をとりすぎても寿命が短くなってしまうという説もありますから、なるべくであれば6時間から8時間程度の睡眠が好ましいと言えます。ところがお仕事をしている以上はそうはいかないこともあり、知らず知らずのうちに大切な体を蝕んでしまっていることも多々あるのです。特に現在の就職状況を踏まえると簡単に転職が成功する保証もなく、夜勤や昼夜二交替制の勤務に耐えざるをえないこともしばしばあります。若いときはそれでよくともある程度の年齢になってから体が悲鳴をあげることも考えられますので、可能であれば日勤を選択して体のリズムを崩さないように努めることが賢明です。生きていく上でお金は確かになくてはならないものですが、それ以上に健康ほど尊いものはありません。多くの場合何かしらの不調が出てくるまでは危機感を覚えませんので、そうなってしまう前に今一度健康という財産について見直してみてはいかがでしょう。睡眠不足を克服することで毎日も充実してきます。

睡眠不足についての情報なら【睡眠不足が招くデメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です