睡眠不足を補う方法

働く女性の中で眠れずに悩んでいる方は少なくないです。残業に追われ、帰宅して家事をこなし、体はぐったりと疲れているのに眠ることができず、そのまま朝を迎えて仕事へ向かうのです。こういって不健康な毎日を繰り返すうちに、深刻な睡眠不足に陥ることも少なくありません。その睡眠不足を少しでも補うためにはやはり糖分が必要です。今ではブドウ糖を補うためのお菓子や、タブレットが持ち運べる大きさで販売されています。あとはやはり10分や20分でいいので両目を閉じ、体を休めること。お昼の休憩時間などに、寝るまではしなくとも目を閉じてゆったりしているだけで、体は意外にも休まるものなのです。しかし、睡眠不足にならないことが一番です。ぐっすり眠るために湯船にゆったり浸かるというのは当然ですが、湯船に入るのは寝る二時間前が一番良いと言われています。つまり湯船に入って二時間は起きていた方が良いでしょう。それと、眠る前に両腕を伸ばし、両手を開閉させる動きを10回から20回やると、血行が良くなって眠れるようになると言われています。眠る前にパソコンやスマートフォンなどの画面を長時間見ないこともそうです。眠れないからといって夜中に起きたりするのはやめた方がいいでしょう。先程と同じく、体は何もしないで横たえているだけでも休まるものです。働く女性は日々いろいろなことに頭を悩ませていることでしょう。少しでもこの方法で眠れるようになれば良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です